庭づくり

庭の木に暮らしやすさを助けてもらう

家の表情や家族の生活を格段に良い物にしてくれるのが庭。
神谷建築スタジオではどんなに敷地が狭くても、計画段階で庭を作るようにしています。それは住宅とは生活を豊かに包み込む器であるべきだ、と考えるからです。
その豊かさを効果的に演出してくれるのが「庭」です。

庭の木に暮らしやすさを助けてもらう

敷地条件はそれぞれ違いますので、「大きな樹」という対象ももちろん変わってきます。
でも植えることのできる可能な限りの大きな樹を植えることをお勧めします。それも落葉樹の株立ちを。

落葉樹は夏の日射を遮り、木陰を提供してくれます。冬には葉を落とし、日射を室内へ導きます。
春には新芽のさわやかさ、秋には燃えるような紅葉と、いいことづくめです。
また、樹を植えた地面は植物の蒸散効果により冷やされ(気化熱)、風を生み出します。

機械に頼らなくても、快適に暮らせる環境を頼んでもいないのに勝手に用意してくれます。
こんな気の利いた相棒を、そばに置いておかない手はありません。水やり以外、なんの手もかからないんですよ。

せっかく新しい住まいを手に入れて、快適な暮らしを営もうというのに、コンクリートで固められた環境で暮らすなんて寂しくないですか?
難しく考えず、「大きな樹」を植えてみてください。それだけで効果覿面。生活が何倍も豊かになります。
大きくなりすぎたら細い幹を残して伐採すればいい。彼らは何度でも再生してくれます。そうすることで長い時間、ずっと一緒に生きていくことができます。

一緒に働く仲間たち

将来、風景になる庭園

新たに作られるお庭もリフォームも、長い時間をかけて「風景」と呼べるものにすることを目指したお庭づくりを念頭にお庭を手がけさせて頂いています。

庭師 小笠原寛 more

家具づくり

その部屋に一番フィットした家具を
家と一緒に作る発想

念願のマイホームが手に入っても、いろいろなものを収納する棚やダイニングに置くテーブルやチェア、家だけではどうにも生活することはできなくて、その部屋の用途にあった家具を置いて初めて家は生活できる状態に完成します。
そんな家とは切っても切れない関係である家具を、家を作り終わってから寸法を測って一番近いサイズと雰囲気を選んで置いても、余計な隙間があいたり、なんだか家とちぐはぐだったり・・・

家と一緒に家具を作る建て付けという形を取れば、家の寸法に合わせて家具を作るから余計な隙間やサイズに悩むこともなくなります。
しかも市販にはないあなたの家に必要な機能を取り入れることができる上に家の雰囲気にもしっくり馴染む家の一部になります。
建て付けって高く付きそう、と敬遠している人も結構多いのですが、全部まとめて作るなどの工夫をすると、後から買うより安くなったりするんです。

一緒に働く仲間たち

暮らす、食べる、愉しむをみんなの日常に

自分が思う「いいな」が毎日を少しでも豊かにしてくれる、そんなモノづくりを目指していきます。

oguma 大橋朋晃 more

お問い合わせ Contact

  • TEL:0566-53-0405
  • FAX:0566-91-5678
  • コンセプト1 郊外型 雑木の庭とともに暮らす 郊外型の木の住まい
  • コンセプト2 都市型 2階リビングやルーフテラス 都市型の木の住まい
  • コンセプト3 離れ 敷地内同居など多目的に使える 小屋型の木の住まい

スタジオ概要 About Us

神谷建築スタジオ

  • 資料請求はコチラ