こだわり

「木の住まい」+「Passive Design」

夏も冬も快適に暮らせる住まいにはいろんな工夫がつまっています。

神谷建築スタジオは「木の住まいづくり」専門の設計事務所です。法規的に木造では建設できない敷地以外は木造で家づくりをしていきます。なぜ木造なのか。木は自然素材である、リサイクルが可能である、加工が容易である(省エネ)・・・など色々ありますが、まずは単純に「人の生活を包み込む器」である住宅をつくる素材の中で、木が一番心安らかに生活していける空間をつくりだすことができる素材である。と実体験を含め身体全体で感じているからです。そして使用する木は日本の木、国産材にこだわって使用しています。これも何故か。難しいことは置いておいて、日本に建てるのだから、その気候風土で育ってきた木が一番適しているいるのに決まっているじゃないか。そう思うからです。
(もちろん難しいこともちゃんと考えているのですけれど)

リビングイメージ

自然のサイクルを尊重し

建築の素材として使用される木材は樹種にもよりますが、構造材として使用することが多い針葉樹はおよそ40~50年かけて適寸に生長します。ですから神谷建築スタジオでは最低でも40~50年間は住まい手の生活を許容し、安全を保つ家を提案しています。家づくりに使用する樹が生きてきた時間、またその樹を刈った後、次の世代が生長して再び木材として使用できるようになるまでの時間は最低でももたせる。そういった自然のサイクルを大切にして家づくりをしています。
もちろん40~50年という時間設定は最低のラインです。何世代も手を入れながら住み続けることのできる、家族の生活とともに時間をまとっていける家づくりをしています。安ければいい、早くできればいいといったバラック的な家づくりは絶対に行いません。

建築基準法では木造の住宅(四号建築物)は壁量計算、バランス計算のみで申請ができます。この壁量計算はとても簡便な計算方法で、実際の地震時に期待している耐力を発揮できない可能性も指摘されています。神谷建築スタジオではどんな小さな住宅でも木質構造の専門家との協働でさらに高度な構造計算プログラムをまわしながら家づくりをしています。
また木という素材は鉄やコンクリートと違って1本1本性能、性質が異なります。机上の計算だけでは全体を把握することは困難です。山、素材生産の現場へ趣き、責任をもって材の全数検査を実施し、適材適所へ「木配り」を行います。設計段階で検証が必要だと感じれば実寸大のモックアップを製作し、実大実験も行います。「設計」という業務をする以上、「なんとなく」といった責任の所在があいまいになるような仕事は行いません。

リビングイメージ

手が加えられるということ

住宅は竣工した時が完成というわけではありません。新建材を目一杯使用した住宅は竣工時が一番きれいかもしれませんが、その後どんどんと「劣化」をしていきます。しかし神谷建築スタジオの「木の住まい」は竣工後時間が経つにつれ「味」がでてきます。それは「劣化」ではありません。この「劣化」と「味」はとても説明が難しいのですが・・・。住まいながら手を加えていくことで愛着がもてるようになるのを「味」とでもいいましょうか。
竣工時に高い完成度を求めすぎず、住まいながら手を加えていくのも家づくりの楽しみの一つです。そのために神谷建築スタジオの家づくりでは様々なプログラムを用意しています。皆さんの家の素材となる木材が育った山を訪れること、木材に塗料を塗っていただくこと、子供部屋の家具なんかを自ら作るというのも楽しいものです。そのような手を加えられる余白をプランの中に埋め込んでいます。
家づくりはお祭りです。設計者、施工者だけが家づくりをするのではありません。依頼者、つまり住まい手となる皆さんが主役なのです。是非一緒にお祭りに参加してください。手を動かしてみてください。きっと家に対する愛着が何倍も変わってくるはずですから。

快適な暮らしのキモ 「Passive Design」

「Passive Design」 入れること 遮ること

空調機器による室内環境の制御が全盛の今、そのエネルギー消費が問題になっています。空調は確かに快適な空間を提供してくれますが、その快適性のツケを皆さんの住まいではないどこかで払っています。エネルギーの問題ですぐやり玉にあがるのはエアコンですが、エアコンは実はとても優秀な省エネ機器です。なのでエアコンをつけることは反対しません。でも極力その優秀なエアコンですらつけることなく快適に生活できる家づくりをするためのキモが「Passive Design」です。
「Passive Design」の手法は多岐にわたりますが、主な手法は二つ。入れることと遮ること。夏の過酷な日射を遮り、冬の暖かな日射は家深く導く。また敷地に吹いている風を無理なく室内へ導くのも「Passive Design」です。この日本の家ではあたり前のような工夫が実はほとんどできていないが現在の家なのです。そのあたり前の工夫をしっかりと計画に落とし込み、省エネで快適な家づくりをしていきます。

庭を 景色をつくること

神谷建築スタジオではどんなに敷地が狭くても、(頼まれなくても)計画段階で庭も含めて計画をし、提案をさせていただいています。それは住宅とは生活を豊かに包み込む器であると考えると、庭は必要不可欠な要素だからです。なにも日本庭園のようなものを「庭」といっているのではありません。1坪ほどのデッキに1本の高木と数種類の低木に下草。これだけで十分な庭が出来上がります。植物はともすると忘れがちな季節の移り変わりをちゃんと教えてくれます。実のなる樹ならなおさら嬉しく、楽しいです。
また街並みという観点からも庭は重要です。建築はそれ単体で社会に存在しているものではありません。絶えず社会とのかかわり合いを要求されます。街並みを整えるには建物の高さを揃えるとか、仕上げを揃えるとか様々な手法がありますが、もっとも手っ取り早く、効果的なのが樹を植えることです。道から見える場所に樹を植える。春に花を咲かせる樹、夏に木陰を提供する樹、小鳥たちのさえずりを提供する樹・・・なんでも構いませんが、街に対して樹を植える。それだけで街が生き生きとしてくるはずです。1世帯10本なら100世帯で1000本。なかなかのものです。樹があれば様々な生き物が街に戻ってきてくれます。人間の気配しかしない街は気持ちが悪いです。多種多様な生物と一緒に暮らす。これが本当に健康的で豊かな生活だと思うのです。

お問い合わせ Contact

  • TEL:0566-53-0405
  • FAX:0566-91-5678
  • コンセプト1 郊外型 雑木の庭とともに暮らす 郊外型の木の住まい
  • コンセプト2 都市型 2階リビングやルーフテラス 都市型の木の住まい
  • コンセプト3 離れ 敷地内同居など多目的に使える 小屋型の木の住まい

スタジオ概要 About Us

神谷建築スタジオ

  • 資料請求はコチラ