リノベーション実例

大浜のリノベ

「住宅医」のよる「木造建築病理学」に則ったフルリノベーション。

愛知県にある築34年(2020年当時)の日本家屋のフルリノベーション。
住まい手自身が古民家の改修にかかわる仕事をされていた関係で、ご自身の家も新築より中古物件のリノベの方が楽しそうだなと考えられていたそうで、たまたまご近所を散歩中にこの家が売りに出されているのを発見し、内見をした結果、柱や梁などの構造がしっかりしている印象をうけたため(勢いで)購入に至ったそうです。

リノベ前の平面はよくある田舎づくり。玄関が内部空間を分断していてとても使いにくい間取りになっていました。そこでリノベ案の計画はまず玄関の問題を処理することから始めました。生活空間(LDK)を一室空間にするためにリノベ前は大きな面積を占めていた玄関のボリュームを増築することで外に出し、新たに設けた土間でつながるクロークで生活空間とプライベート空間との距離を取っています。また玄関を外に出したことにより、道路側から敷地奥への視線に対しての物理的な壁となり生活空間のプライバシーを守っています。これによってこちらも増築をした軒下空間のテラスとともに庭と一体となった開放的な生活を可能としています。この軒下空間は我が家を見学された住まい手たっての希望だったので実現できてよかったです。
階段の位置は2階との兼ね合いから移動が難しかったのでそのボリュームを利用してトイレを階段下に配置し、階段を中心としてグルグル回れる動線を確保しました。この動線以外にも複数の動線のサーキュレーションを確保しています。建物の気密性能が確保できればトイレや水廻りに換気用の窓は必要なくなるので空間構成の自由度が増します。
2階に関しては将来的な個室化への対応を考慮しつつ、最低限の整備にとどめています。

  • 「大浜のリノベ」 2020年竣工
    所在地:愛知県碧南市
    延床面積:(リノベ前)116.34㎡→(リノベ後)123.80㎡
    UA値:(リノベ前)2.91W/㎡K→(リノベ後)0.41W/㎡K
    耐震評点:(リノベ前)0.31→(リノベ後)1.02

    主な仕様
    屋根:主屋根-既存和瓦葺き、下屋-ガルバリウム鋼板瓦棒葺き
    外壁:漆器塗り、板張り→ガルバリウム鋼板小波張り
    内壁:土壁、プリント合板張り→P.B+エッグウォール貼り、桧本実板張り、杉本実板張り
    床:プリント合板張り、畳敷→杉本実板張り、畳敷

    設計・監理:神谷建築スタジオ
    構造設計:一級建築士事務所TE-DOK
    施工:Oz works株式会社
    家具:oguma
    造園:小笠原庭園

お問い合わせ Contact

  • TEL:0566-53-0405
  • 0566-68-9135
  • コンセプト1 郊外型 雑木の庭とともに暮らす 郊外型の木の住まい
  • コンセプト2 都市型 2階リビングやルーフテラス 都市型の木の住まい
  • コンセプト3 離れ 敷地内同居など多目的に使える 小屋型の木の住まい

スタジオ概要 About Us

神谷建築スタジオ

  • 資料請求はコチラ